野球とダイレクトマーケティングって 似ていませんか?

青池

AOIKE

SV(東京)、コンタクトセンター統括本部 セールスセクション アシスタントリーダー / 2014年入社

青池

今の仕事のやりがいや楽しさはなんですか?

ダーウィンズのサービスには、まだまだ「今までにない新しい視点」を盛り込むことができる可能性が多く秘められていると思います。今まで当たり前にやってきたことの中にも、あっと驚くサービスを生み出すヒントが隠されているはずなので、それを探していきます!可能性をつぶすことなく、1つずつ磨き上げることで、自分や会社の成長だけでなく、業界全体を拡大し続けさせることができると信じているんです。

ダイレクトマーケティングとは?

じつは私は、元甲子園球児で野球に人一倍こだわりを持っています。毎日地道な努力を重ねて結果を出していく野球の世界は、ダイレクトマーケティングに通じるものがあるなあ、と日々思っています。地味だけど地味じゃない、というか。圧倒的な結果が出るところとか、人とのコミュニケーションがキモなところが、地味っていうよりむしろ華やかだと思うんです。今の仕事でいうと、クライアント様、お客様の双方から直接声が聞けるところが特に魅力ですね。良い声悪い声もすぐにキャッチすることができ、数値を見たうえで、次回の作戦を立てられるのも、野球に似ていると思います。

これから見つけたい答えを教えてください。

いずれは、コールセンターをマネジメントし、もっともっとクライアント様・お客様のお役に立ちたいと考えています。そのためには物事を俯瞰的にみる必要があるので、多くの人とのコミュニケーションの中で、勉強していきたいと思います。最近は、本も多く読むようにしています。何事もコツコツと、ですね。千里の道も一歩から!