関わる人が幸せであるかどうかを指針に働いていきたいです

板倉

ITAKURA

水道橋コンタクトセンター リーダー / 2015年入社

板倉

今の仕事のやりがいや楽しさはなんですか?

誰かの幸せにふれたときは、とても嬉しいですし、やった甲斐があったと感じます。
コンタクトセンターを運用しながらクライアント様の窓口も担当させていただき、また人事活動など様々なことに挑戦させてもらえるので、エンドユーザー様含めて、本当に多くの方と日々関わることができます。クライアント様のお役に立てたとき、社内のメンバーと話し合いお互いに吸収するものがあったとき、マドンナ(オペレーター)がエンドユーザー様から"ありがとう"をいただき、成長を実感したときなど、たくさんの幸せに日常があふれています。人の幸せに携われることはとても幸せで、これからも関わる人が幸せであるかどうかを、指針に働いていきたいです。

ダイレクトマーケティングとは?

ダイレクトマーケティングとは、コミュニケーションの創造だと考えています。
AI化が世界で進み、コミュニケーションは多様化し、その概念はどんどん広くなっています。その中で、私たち人間における感情を伴った「コミュニケーション」とは、とても魅力的な力であり、財産です。人と人とがともにより良い営みをしていくために、ダイレクトマーケティングを通して、ひとりでも多くの方のコミュニケーションの創造にお力添えができれば嬉しいです。

これから見つけたい答えを教えてください。

私たちがクライアント様にご提供できるサービスの最大値を、常に探求していきたいと思っています。
広がり続けるべきものだと思うので、答えが見つからずに、ずっと最大値を広げていけることがベスト・・・なので、少し矛盾してしまいますが(笑)枠に捉われずに、エンドユーザー様とクライアント様が幸せになれることを、絶えず探していきたい思います。