ニーハオ! 私、元札幌コールセンター長で
現在は台灣達唯諮(台湾ダーウィンズ)董事長の今野です。

表題のとおり、このたび、初の海外コールセンター
「台灣達唯諮股份有限公司」を台湾に設立いたしました。
URL:http://www.darwinz.tw/
※ 台灣達唯諮はダーウィンズの100%子会社です

是非この場を借りて、台灣達唯諮のご紹介と、
ご挨拶をさせて頂ければと思い、筆を取りました。

 

台灣達唯諮は、通販市場急拡大中の台湾マーケットにおいて、
日本で約5,000施策実施し身につけた超実践的ノウハウを活かしつつ、
台湾独自のマーケットに対応するフレキシブルさを有した、
これまでの台湾にない唯一無二のコンタクトセンターを作りたい!
という強い思いから誕生しました。

 

台灣達唯諮の強み(既存台湾CCにない強み)は以下です
・日本で培ったLTV向上ノウハウで成果コミット顧客のファン化
日本語での円滑なコミュニケーション・オペレーションが可能
(日本人常駐スタッフ2名、日本語可能スタッフ5名)※2018年3月時点
・SNS・メールを含む、フレキシブルなインバウンドカスタマーサービス
・台湾ではまだまだ未完成なアウトバウンドサービスにトコトン強い
(直近引上げ+休眠顧客掘り起こしetc)
定期アップセルノウハウの充実と実践
(※台灣で定期は一般的でなく、徹底した教育+獲得ノウハウが必要)
などが挙げられます。
※台灣達唯諮は、現地顧客対応型コールセンターです
(中国語でのコミュニケーション)

 

ですので、以下のような事業戦略やお悩みをお持ちの方は是非ご連絡をお待ちしております!

———————————————————–
■台湾で事業展開・拡大したいけれど、センター構築に悩んでいる企業様
■台湾のコールセンター品質に満足できていな企業様
■単純にLTVを向上させたい企業様
■接客(応対品質)にブランド価値を付加したい企業様
■休眠顧客や直近購入者へのアプローチにお悩み中の企業様
■台灣マーケットにマッチしたCRM構築をしたい企業様
→是非、私、今野までお気軽にご連絡下さい。konno@darwinz.tw
※「こんなことはできるの?」などの質問でもかまいません!
  お気軽にメール下さい
——————————————————————-

オフィスは台北中心部、日本企業が多数ビルを構える
住所:台北市長安東路一段18號12樓 12F 
地図:https://goo.gl/maps/fPQBfi5xsJs
にあります。※最寄り駅は「MRT中山駅」です

 

実際のセンター内の様子を写真でご紹介します
センター写真①

センター写真②

センター写真③

 

最後に、初回である今回は、
コンタクトセンター運営の鍵である【人材】
について少しお話したいと思います。

私が台湾に来て思ったことは
「優秀な人材が多過ぎて採用に迷う」
ということでした。

 

スーパーバイザー採用は、
ビジネスレベルの日本語可能という条件もあり、
将来は「日本で働きたい!」「世界で活躍したい!」など、
グローバル視点を持ったメンバー多く、
ビジネスマインド・向上心が高い人が多いと感じました。

 

当然、母国語+日本語が出来る上に、+英語や他の言語も話せる
トリリンガル・マルチリンガルのメンバーもいて、
自身のキャリアップに必要なスキルを身につけるのに努力を惜しまない
という人が多いこともわかりました。
※ちなみに、日本語を覚えるきっかけは、
日本のアイドルやゲーム・アニメが好きという方が多いです

前述したように、
商品を持たないコンタクトセンターにとって人材は運用の鍵です。
人材こそが商品とも言えます。

その人材が想像を超える優秀さだと理解した瞬間に

「これまで培ったノウハウとこのメンバーがいれば、
唯一無二のサービスを台湾で提供できる!!」

そう確信しました。

 

実際に研修や実稼働を行っていても、常に自発的+能動的で、
前のめりなメンバーしかおらず、自分の思いは間違っていない。
と日々確信を深めています。
※日本人では考えられないほど強い自己主張することもあります(笑)

まだまだ微力ではありますが、上記メンバーと共に、
台湾の通販マーケットの発展のために、
まさに人生賭けて尽力していく所存です。

 

是非、台灣達唯諮股份有限公司を宜しくお願い致します。

 

私、今野と総経理の小野のストーリーがLISTENに掲載されました!
台湾達唯諮立ち上げへの気持ちを語っていますので是非ご覧ください。
https://listen-web.com/shinichi-konno/
https://listen-web.com/kouhei-ono/