私はこの道一筋の、 電話販売のオタクです。

今野

KONNO

コンタクトセンター統括本部 札幌センター長 兼 セールスセクション ゼネラルマネジャー / 2007年入社

今野

今の仕事のやりがいや楽しさはなんですか?

ずばり、私が10年以上やってきたセールスのスクリプト作成です。スクリプト作成は、熟練の経験と知識を駆使して、目的を成し遂げるために必要十分でありながらも、限りなくシンプルに仕上げる。そんな、刀作りにも似た職人技の世界と捉えています。誰に売るかというターゲット特性だけでなく、トークをするマドンナ(オペレーター)の個性も理解した上で、機能性が高くキラリと輝く刀に仕上げます。そこから、何度も何度も鍛え直して強く鋭くしていく。それがマネジメントにも貫通力と継続力を生みます。このように「これくらいでOK」というのはなく、クリエティブで妥協ないあくなき追究が求められます。このこだわりの強い仕事自体に、楽しさ・やりがいを感じています。

ダイレクトマーケティングとは?

電話販売ほど奥深く、やりがいのある仕事はないと考えています。全く商品をご存知ないお客様だけでなく苦情のお電話を頂いたお客様でさえ、お電話応対次第で逆にファンになって頂けるからです。電話ならではのONE to ONEコミュニケーションを活用した、人コミュニケーションの究極形で、無数の困難の中に心震えるほどの達成感、相手を理解しようとする×∞(無限大)の中で、人としての成長を強く実感できる魅力あるライフワークです。私の考えるダイレクトマーケティングとは、人コミュニケーションの究極であり、それを極めようとするプロが集まるエキサイティングな市場です。

これから見つけたい答えを教えてください。

ダイレクトマーケティングにおける、コールセンターサービス素晴らしさ・優位性をより広く世間に認知させていくのが自分のミッションだと思っています。ゆくゆくは子ども達の将来の夢の中に「コールセンター」っていう選択肢が普通にあって、それを誇らしげに伝えることが出来るようになるといいな、って思います。