「正解がない」点が一番の魅力だと思います

佐藤

SATO

事業企画本部 新規事業G マネージャー / 2007年入社

佐藤

今の仕事のやりがいや楽しさはなんですか?

2012年、当時私が28歳のときに、徳島コンタクトセンターの設立を任せてもらいました。この一例が証明していますが、ダーウィンズは年齢問わずにメンバーの向上心を後押しする環境が整っていると思います。一般的な企業が30代で任せるような仕事を20代で、40代で任される仕事を30代で経験させてくれる。そんな会社なので、常に刺激的で没頭しやすい職場じゃないでしょうか。おかげさまで、私もたびたび「趣味は?」と聞かれたら、「仕事かなぁ。」と答えるくらい、楽しく仕事をしています!

ダイレクトマーケティングとは?

「正解がない」点が一番の魅力だと思います。例えばA社様で成功した事例が、必ずしもB社様にフィットするかというと、そうではないんですよね。企業様それぞれの理念や商品販売までのストーリーによって、お客様への理想の見せ方・魅せ方が変わるんです。だからこそ、追求してもしきれないし、飽くなき探求心を維持できます。その「正解のなさ」こそが、ダイレクトマーケティングの一番の魅力じゃないかなと思います。

これから見つけたい答えを教えてください。

キーワードはずばり「デジタル化」でしょう。
通販業界のデジタル化を、どんどんリードしていきたい。
今後は「テレマーケティング×”何か”=ダーウィンズの強み」になるような予感がしています。その”何か”の部分を見出すのが、私の現ポジションの最大のミッションです(笑)
あとは、個人的には「働き方」ですね。昨今、働き方がだいぶ変革されてきていますよね。コールセンターは今後”在宅”も積極的に検討するべきであると実は思っています。採用効率も悪くなってきている現在、どう在宅コールセンターの機能を『品質を落とさずに』運用できるか。ここがポイントですよね。ただ、デジタル化が進み、しっかりと考え抜けばリモートオペレーションで仕組みが創れる将来が訪れる。そんな気がしています。